"嗚呼と"

アートは非日常を感じさせるようけれど実は日常にアートは溢れている気がするんです